本 「皇女の霊柩」 内田康夫/新潮社

オススメ度 ★★☆☆☆

[書籍情報はコチラ]
これも入院中の院内図書館で借りた一冊。
さらっと読めた。

実は、内田康夫さんの作品を読むのは初めて・・・だと思う。
皇女和宮のご降嫁行列に関係する(というか、柩に関係する)末裔達が
繰り広げるミステリ・・って感じでしょうか???

さらっと読めた。あまりハマリもしなかったけど。
探偵の浅見光彦(※シリーズ物なのかな?)はなかなか面白そうな人だった。
友達にいたら、楽しそう。
だけど、人物設定・・・あれ?もっとオッサンかと思っていたら、33歳ってことなのね。
同年代じゃん。
オッサン探偵、と思って読んでいたんだけど、つまりはその、私もオバハンってことか。
妙なところにショックを受けた一冊ではありました。

※最近本を読んでいて、「中年・・」とあるので見てみると同年代だったりするのよね。
軽くショックだったりして(笑。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-09-23 14:24 | 読んだ本です。