本 「スナーク狩り」 宮部みゆき /光文社文庫

オススメ度 ★★☆☆☆

[書籍情報はコチラ]
入院中に院内図書館で借りて読んだ本。

これも時間つぶしにはなるかな、程度の本だったけど、読み始めると物語に入り込んで
時間を忘れそうになった。
さすが、宮部ワールド。人気があるのも頷ける。

だけど、生憎と、私の好みでは無かった。
私の好きな本は大抵、誰か魅力的もしくは共感できるキャラがいて、
そこから想像をふくらませて・・・・という感じなんだけど。
この作品には、魅力的なキャラがだれも居ない。
「現実にはこんな人、いないでしょ」
と思えるような人物設定でも魅力があればオッケーなんだけど、
皆無・・・でありました。残念だわ。

ストーリー的にも盗まれた銃を追って、追跡するシーンもあまり臨場感を感じなかった。
ラストなんて最悪・・・。
誰も幸せにならず。
しかも、その理由も納得できず。

すんなり読めたけど、好きなタイプの作品ではなかった。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-09-23 14:33 | 読んだ本です。