本 「クレオパトラの夢」 恩田陸

オススメ度 ★★★★★
私的に大興奮だったので、かなり身贔屓な評価かもしれません(笑。
あ、身贔屓は元々か。

[書籍情報はコチラ]

恩田陸の「MAZE」の感想で脇役陣が気になるわ~・・みたいなことを書いたら、
とある方が教えてくれた一冊。
恵弥ワールド全開で、興奮しながら読み終えました。
「パジャマ~♪きゃ~」って感じでバカ騒ぎ(笑。
もっかい、「MAZE」読みたくなったわ。
なんていうんだろう、本の楽しみ!醍醐味のひとつかな。
一冊をただ読み終えるだけじゃなくて、
そこに出てきた事柄や人物が広がって・・・・みたいな心弾む感じ。
久しぶりに味わいました。

「MAZE」と違って、やや鈍い恵弥だけど、読みながら、常に誰かが背後にいるような
気持ち悪さを共感できました。
ふたごの和見、さすがというか、なんというか。
きょうだいには欲しくありません(笑)。

バイオテロには興味があって、以前からその関係のミステリを読んだり、
パパから勧められた本を読んだりしていたので、私も追えば追うほど
「ああ、まさしく、夢、ね。現実ではあり得ないよね」
と思えたけど。
今あるこの現実が、非常に危うい物の上に存在しているということも、共感できます。
この小説の中の恵弥の存在もまさしくそうで、私達だってそう。
だけど、刹那的にはなれそうにないなぁ、私。
脆い世界の上に、どっしり根を生やしてしまっているもの。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-09-25 15:51 | 読んだ本です。