本 「食べる女」 筒井ともみ

オススメ度 ★★★☆☆

[書籍情報はコチラ]

タイトルに惹かれて、図書館で手に取った一冊。
「食べる女」かぁ。なんて私にふさわしい本なんだろう(笑)。
そういえば、夫に 「私のどこらへんが好き?」と聞くと、決まって答えるのが
○ひとつめ:腹黒いところ
○ふたつめ:よく食べるところ
この二つだ。
なんとも、女性としては「うむむ?」な項目ばかりをチャームポイント?にあげてくれるよのぉ。
腹黒いところ、については、実は夫はまだ私の全てを把握しているとは、到底思えないんだけど。まあ、それはともかくとして。
私も、夫のよく食べるところ、は大好きだ。
が、嫌いなところでもある。だって、私が作らなきゃいけないんだもん。←嫁失格?

この本では食生活・家族関係を交えてストーリーを作っている。
短編がたくさんおさめられた一冊。
「うーん、好きじゃない」と思える短編もあったけど、面白くて笑ったストーリーもあった。
うんうん、と頷ける話もあったし。
是非、ご一読ください。

※私が気に入った短編は、「食べる男」シリーズのほう。
料理上手な奥様を持つ男性が、他にも愛人を作っているの。
正妻宅では体にいい、おご馳走ばかり。
が、愛人宅では男性自らが料理を作る。調味料たっぷりの、身体に悪そうな料理を作っているのだ。
なんか面白かった♪
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-10-03 12:22 | 読んだ本です。