本 「黄昏の百合の骨」 恩田陸 /講談社

オススメ度 ★★★★☆
「麦の海に沈む果実」の続編、のようなもの・・?
理瀬が主人公。←この時点で既にもう萌え♪

書籍情報はコチラ

祖母の遺言で理瀬は「魔女の家」に住むことになる。
魔女の家の秘密、祖母は誰かに殺害されたのか・・?

ストーリーも面白かったけど、「麦の海・・・」ですっかり理瀬にだまされた私は、
「今回こそはだまされないぞ」
と、謎解きに頑張ってみた。
全ての黒幕は理瀬であろう、とトンデモナイ推理もしていたが、それはあっさり裏切られた。うう、それはそれでだまされた気分。

しかし・・・・・・・犯人というか、トラブルメーカーというか、アノ女性にもびっくり。
短絡的な彼女が黒幕ということで、ラストは少しばかり残念な気分だ。
理瀬にはもっと、黒く美しく頑張って欲しい・・←なにを?

理瀬の周りの人間関係も、段々クリアになってきつつある。
もしかして、シリーズモノになるのか?
ちょっと期待☆
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-10-15 16:05 | 読んだ本です。