「もりのなか」

保育所では毎週末に絵本の貸し出しをしています。子供達が好きな絵本を選んで持って帰ってきます。借りた絵本は週明けには返却します。
「え?この絵本なの?」 と意外に感じるチョイスだったりして、面白くもあります。
さて、なる君は今週末はどの絵本を借りてきたのかな?

もりのなか」をえらんだようです。
・・・・うっ。と、ママ絶句。
保育士さん:「なる君、先週と同じ絵本を選んだんですよ~」
二週続けて同じ絵本♪余程気に入ったのか!?と言いたいところですが。
なる君:「まだなのね~」←カタコト
ばらされてしまった。
そう、実はどたばたしていて読んであげるのを忘れたまま、返却したのよね(汗)。ごめんね、なる君。読んで欲しくて借りてきたのにね。

ということで、早速読んであげました。
もりのなか」は絵柄もステキで、ストーリーもママでもうっとりするくらい楽しい内容です。
動物達がぼくのあとをついてきて、かくれんぼして・・、ってお話なんだけど、なんともまあ、広い森の中が想像できて、大人にも癒やしを与えてくれました。
なる君は何故か「こうのとり」が気に入ったようです。不思議な語感のセンスだわ。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-07-08 21:54 | 絵本大好き☆