「おやすみなさい、マーヤちゃん」

福音館こどものとも年少版の6月号は 「おやすみなさい マーヤちゃん」 でした。
絵柄が可愛くて、作者が室内のつくりや小物にこだわった・・というのが分かる、暖かい本でした。素敵な世界よね。こどもを取り巻く家庭はこうありたい!という決定版のように感じるわ。
なる君に読み聞かせしながら、我が家の雑な日常を思い返し、汗だくだくの私です。
だってね、こどもの風呂入れなんて、そんなホンワカしたものじゃないよね?
寝かせつけまでの時間は、日によっては修羅場だったりします。我が家だけ?
まあ、でも、そのうち、おいおい、こうなるはず・・。
なる君は大好きで、ねんね前に読むと大喜びします。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-07-30 16:45 | 絵本大好き☆