DVD「チャーリーとチョコレート工場」

e0015251_140112.jpg映画の情報はコチラ

ひろぽん的お勧め度 ★★★☆☆
子供は結構好きみたい
音楽にあわせてウンパ・ルンパが踊るのにハマってました。
私は、うーむ・・・・
ストーリー的にはいまひとつ。
ブラックユーモアもいまいち面白くないし。
日本の映画のほうがよくできているよね?
ただ、「原作」を見てみたいなーと思った。


<ストーリー>アマゾンより抜粋。
チャーリー・バケット少年の家はそれはそれは貧乏でしたが、家族みんなで仲良く暮らしていました。そんな少年の家の近くにはなぞに包まれたウォンカ氏のチョコレート工場がありました。ある日その工場がついに公開されるというニュースが世界中を駆け巡ります。が、中に入れるのは、たった5人の“ゴールデン・チケット”の当選者だけ・・・。当選者たちが次々と発表され、残りのチケットはあと1枚。貧乏なチャーリーが当選する可能性は、とてもとても低いものでした。ところが幸運が舞い込み、最後の1枚がチャーリーの手元に!そしていよいよ工場見学の日、当選者たちを出迎えたのは伝説の工場主、ウィリー・ウォンカその人でした。風変わりな身なりをしたウォンカ氏に導かれ始まった工場見学で、彼らが目にしたものは―。





いやー、しかし、ウォンカ、そりゃないでしょーと思うことばかり。
だってね、相手は子供なんやし。
いくら生意気なお子様でも、子供に罰を与えるのはいまいち。
だってね、チョコレートの沼に落ちたオーガスタスや
ダストシュートに落とされたベルーガはええけど、
バイオレットは真っ青なまんま、ゲーム少年はぺらぺらになったまま
工場を去るわけでしょ?そりゃないよー
罰なら、親に与えなさい、親に。
↑そうなるとシリアスすぎる?

ウンパ・ルンパは好き~
ダンス、息子と踊ったもん(笑。
ふざけた顔して、実はウォンカを正しい道に導いてるのかな。

ファミリー向け映画。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-08-27 14:08 | 読んだ本です。