本「先生、ぼくの病気いつ治るの」近藤文雄/中央公論社

e0015251_16401243.jpgお勧め度 ★★★★★
お勧め度、という表現はヘンですね。
大人として、呼んでおきたい一冊。
色んな世界を知ることは大切だと思う。
ひとつのものごとを見るときに、多面からものごとを考えることが出来るから。
それこそまさに本の醍醐味だよね、
自分の体験できない世界を疑似体験していく。

書籍情報はこちら

筋ジストロフィー患者のベットスクール、など・・・
記事はのちほど
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-09-03 16:40 | 読んだ本です。