「迷宮の少女たち」 保坂渉 /共同通信社

オススメ度 ★★★☆☆

非行現場の「地殻変動」。
いわゆる"普通の子"がなぜ突然、"非行少女"になるのか。
ボーダーラインが次第に曖昧となりつつある。
家庭というものについて、考えさせられる一冊。
e0015251_1154833.jpg




"普通の子"と"非行少女"の違いはどこにあるのかな。
だけど、明らかに"非行"の裏に存在しているのは、家庭のもろさ。
親として、私達はどうしていけばいいんだろう。
私自身も未熟なオトナなので、迷うことがたくさん有る。
ちゃんと家庭を作れてる?
子育てはこれでいいのかな?
迷いは自分だけで止めてしまわずに、伴侶や親族、
色々な人に語れる「強さ」も必要になってくるだろう。
いつも思う。
強くなりたいな~と。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2007-03-25 12:00 | 読んだ本です。