「眠れぬ夜を抱いて」野沢尚/幻冬舎

e0015251_1271558.jpg
オススメ度 ★★★☆☆

出版社/著者からの内容紹介(アマゾンより)
ひとつの町で連続して起こる一家失踪事件。平凡な主婦、中河悠子(33)は、その町の開発者でもある夫を助けるために独自に調査に乗り出していく。だがそれが悲劇の始まりだとは気づきもしなかった……。超大型サスペンス長編。





冒頭の銀行強盗のシーンが、こんな関連があるとは。
冷静に考えると、まあ、"平凡な主婦"には体験できないありえない出来事だけど、スラスラと読めて面白かった。安定感があるな~という感じ。そのかわり、ドキドキ感は味わえなかったけど。
どうしてもイマイチ理解できないのが、なんていうんだろう、奥様方の感情の移行。旦那様が昔犯罪(しかも殺人)を犯したって聞いて、ついていくのかなぁ。しかも子供もおるのに。人間感情がどう考えても理解できず、のめりこめない一冊ではありました。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2007-03-25 12:12 | 読んだ本です。