こぐま社の「11ぴきのねこ」 シリーズ 馬場のぼる

e0015251_12153044.jpgブラザーズはまり度★★★★★

[こぐま社のHPはこちら

福音館LOVEの母親の影響で、我が家の本棚は福音館絵本がずらり。毎月3冊の(福音館の)月刊絵本も定期購読しているおかげで、よその出版社の絵本を手に取る機会が少ないような気がする。図書館で借りたり、そうそう、幼稚園の「絵本の貸出日」に借りてくるときに、見る程度かな。
長男が幼稚園で借りてくる絵本の中で、
「えっ! またこのシリーズを借りてきたのー」
というのが、これ。
こぐま社の「11ぴきのねこ」シリーズです。
なかなか面白い。
ストーリーはじっくり考え込む・・・というより、「なにそれ~」と笑ってしまいそうな内容。作者の馬場のぼる氏が、こぐま社のサイトで「ためになりそうにない絵本」を作りつつ、実はためになる絵本を作ってます・・みたいな奥深いコメントをされている。作者の狙いが、しっかり反映されている絵本ではないかと思う。
11ぴきのねこは、実にふざけていて、だけどどっか抜けているのが憎めない。
ストーリーはオチがあるというか、理解度がある程度ないと難しいかな・・と思う。4歳前後から向いてるんじゃないかな。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2007-03-25 12:25 | 絵本大好き☆