映画 M.Iシリーズ

遅ればせながら、先日、「ミッション・インポッシブル」Ⅰ~Ⅲをまとめて観た。
え?いまさら?って聞かないで~。夫婦して、お互い映画の趣味は違うので、揃って映画館に行っても違う上映を見ることも多いし、DVDレンタルもそれぞれ好きなものを選ぶことがままあるので、
(さすがに相方は、もう観てるよね~有名シリーズだし)
と思ってあえて借りていなかったら、お互いに観ていないことが判明。
じゃあ、是非観よう! ということで、みっつ、まとめて観たわけだ。

観るとどうしても、あのテーマソングが頭を離れない。
「もし私が実はスパイだったら、どう思う?」
と夫に聞いてみると、
「あまりにも上手い潜伏ぶりに感心すると思う」(笑)
との返事。・・・・なるほど。

オススメ度
Ⅰ ★★★☆☆
Ⅱ ★★☆☆☆
Ⅲ ★★★☆☆
トム・クルーズのアクションは見もの・・というか、アクションそのものより、彼の奇人っぷり(と、素敵なカラダ♪)のほうが魅力に感じた作品だった。




Ⅱがイマイチ。
アクションは一番力が入ってたようだけど、ストーリーがなんだかお粗末。ウィルスそのものが製造会社にあるのなら、大騒ぎして奪わなくても良さそうな気が。相手の女優さんは美しかったです。

アクション的にはⅡ以降のシリーズがよかったらしいけど、ストーリー的にはⅠが一番、安定していて見やすかった(←って、褒め言葉か?)。
「このテープは自動的に消滅する」
すべてのシリーズにある台詞だと思うけど、きゃ~スパイだわ、と嬉しくなったりして。
列車でのアクション、どきどきしながらみました。
裏切り者は結局誰!? 誰が裏切るの!? というか、皆裏切って~!!!と、推理する楽しさもあったし。(これはⅡにはなかったものね) 

Ⅲは、いきなり結婚から始まってびっくり。
しかも、お相手がⅡの女優さんじゃないやん~。一般人との結婚はほら、ダメだと思うのよね。スパイの風上にも置けん。トム・クルーズが老けたなぁ・・・と感じた作品←なんのこっちゃ 基本的に悩み苦しむ若い男性の姿のほうが見るのは好きなので(笑、Ⅳ以降はもういいんじゃないかな~と思ったりして。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2007-03-25 17:10 | 読んだ本です。