本、大好き☆

「老後の趣味も今から持っておかないと、息子ちゃんベッタリの姑になりそうだわ」
と呟く私に
「え?おまえ、読書が趣味やん、本の虫やん。あれは趣味じゃないん?」
とパパ。
そうか、私は読書が趣味なんだ。
既に生活に浸透しているあまり、趣味とも思えなくなってました。

そんな私は、ひと月7~80冊の本を読んでます☆
色んなジャンルで、ほぼ図書館を利用。
一度に10冊くらい借りる・・を月に7.8回繰り返してます。常連です。

文系といっても文学の知識はほぼゼロに等しく(商学部だった)、有名な作品も沢山見逃してきていると思う。そういうのも、きちっと押さえておくと、新刊の楽しみも倍増かも?と思い、近頃はいわゆる「普遍の文学作品」にも手を広げています。

私のなんちゃって文学(笑)遍歴といえば・・・・

中学時代にコバルトシリーズにハマる→氷室冴子さんを中でも気に入る

→氷室冴子といえば「なんて素敵にジャパネスク」シリーズが有名

→平安物にはまる(※漫画のあさきゆめみしも大好きだった)
  とにかく源氏物が大好きになり、瀬戸内寂聴・田辺聖子の世界にどっぷり

これがとにかく、学生時代に夢中になったシリーズでした。
意外に同じ様な系統で本を選んでいる人は多いようでびっくり。

今でも平安物は大好きで、 「なよ竹のかぐや姫」 「おちくぼ姫」 などの本もたまに読み、うっとりしています(笑)。

だけど、やはり結婚・出産・育児を経て、本を読んでの感動もかなり変わってきた気がします。
特に残虐なもの、辛いこと、不幸なこと・・・、ドキュメンタリーでも小説でも、そういうものに対する「心の痛み」は子供を産んでとても増加したような気がします。

パパがあまり本を読まない人なのが残念ですが。
(※本人曰く、子供時代に義母からやたら難しい本の読み聞かせをされていて本嫌いになったらしい。そういえば、子供時代は新聞を毎朝読み聞かせなさっていたと聞く・・教育熱心だわ~)

義母も本は大好きで、たまに 「この本いいよ」 と勧めてくれます。
微妙に趣味は違うのですが(義母はいわゆる正当派)、おかげで「ワイルド・スワン」等面白い本との出会いもありました。

ブラザーズも本好きになってほしいなぁ。
歳取って、一緒に同じ本を読んで語り合いたいよ!!!
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-17 17:42 | 読んだ本です。