映画 「デジャヴ」デンゼル・ワシントン主演

オススメ度 ★★★★☆

そんなに期待はしてなくて、ただ、デンゼル・ワシントンの新作が出ているので、何の気なしに借りたDVD。
アタリでした☆
夫君とともに、楽しんで観ました~。

乗客500人近くの死者をだした、フェリー爆発テロ事件。
捜査官のダグ・カーリンは、見つかった女性クレアの死体に不審な点を見つけ、調査を始める。

ああ、結局、爆破で死んでしまうの~!?
うぎゃー、最悪やん、
と連呼しながら見ました。
ラストシーンは、少し、淋しい気もしましたが・・。
たくさんの次元があって、過去から色んなストーリーの現在、未来につながるというパラレルワールドを体感できる映画。
クレアをみるダグの目線が切なくて、タイトルの「デジャヴ」を連想させられました。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2007-09-23 15:43 | 読んだ本です。