『ゆきがふったら』レベッカ・ボンド作 さくまゆみこ訳

e0015251_1662374.jpg
『ゆきがふったら』
レベッカ・ボンド作 さくまゆみこ訳
偕成社
オススメ度 ★★★★☆

[出版社商品紹介]
雪が街全体にふりつもった朝。子どもたちは大喜びでトンネルをほって雪の壁を作る。雪の日の楽しみを最大限にえがいた絵本。

---------------------------------------------------------------------------------------

先日、幼稚園の絵本ボランティアで読み聞かせしたうちの一冊。
文章自体は少なく、すばらしい絵を見ながら流れを追っていく作品なので、3歳児以上向きというけれど、年長さんくらいからじっくり楽しめる一冊ではなかろうか。
登場人物の、なんと表情の豊かなこと!! 
みんなで作った雪の大きな山(壁?)が完成したときの表情がなんともいえずすばらしく、聞いている園児たちの顔も一斉にパッと輝く瞬間を、私は味わった。
うぉぉぉぉ!!という感じ(笑。
地味といえば地味な本なので、どうかなぁと思っていたけれど、幼稚園児をナメていましたね、私。わが子も含めてだけど、ここまで、素敵に情緒が育っていることに、あらためて感謝しました。
-----------------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2007-12-26 16:12 | 絵本大好き☆