<   2005年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

本 「生きながら火に焼かれて」スアド 訳:松本百合子 /ソニーマガジンズ

オススメ度 ★★★★☆

[書籍情報はコチラから]

話題の本、のようですね。
図書館でも 「是非・・」のコーナーに有り、ふと手に取った本です。
まず表紙の仮面をかぶった女性の写真に圧倒されます。
内容は題材の割に読みやすくなっています。
スアドは現在、慈善団体の手伝いをしているということだから、
そちらの活動報告・・・・というか、広告塔にもなっているのかな?と思えました。

スアドは中東シスヨルダンの小さな村に生まれる。
女性の位置、というのは、この国ではとても低く、家畜よりも扱いが悪い。
男性が全てを握っているのだ。女性の、生死ですら。
人を殺しても罰せられない国、というのが存在するのがとても恐ろしい。
日本も数百年前には身分制度があり、その後 ヒトはヒトとして生きられる権利を持ったけど
まだ発展途上だと、思う。 だけど、スアドの生まれた地域とは格段に違う。

女性は家畜以下に扱われ、成長していく。
この村では女性が異性と目を合わせたり、ふれ合うことは禁じられていて
その掟をやぶると 「家族会議」にかけられるそうだ。
家の名誉を汚した女性、ということで、家族の手によって殺されることが多いようだ。
そうしないと、その家族も村には住めないらしい・・・・信じられない・・。

主人公のスアドは、ひとりの男性(お向かいに住む独身男)と恋いをして、
妊娠して、家族の名誉を汚したとして、頭からガソリンをかけられて殺される所だった。
死なずに大火傷を負ったスアド・・・・・・・・、
瀕死の状態で彼女は男の子を出産する。

他国の慈善団体の苦労によって助けられたスアドだが、今もまだ、
公共の場での仮面ははずせないそうだ。
「家族の名誉を汚した娘が生き残っていると知られたら、
  追いかけてでも殺されるかもしれない」
実際、そうして殺された娘もいるそうだ。
さすが中東・・・・・。←偏見かな?

衝撃すぎて、感想も何もない。
そういえば、しばらく前に話題になった女盗賊プーラン(だったっけ?)の故郷も
そんな感じで厳しいカースト制度に縛られていたのよね。
私達には何が出来るの?
本を読んで、唖然としたままのわたしがいます。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-27 13:57 | 読んだ本です。

ぬか床。

パパお休みの今日は、お昼ごはんどうしよう?
食べに行くのも面倒だし。
お互いに病後でもあるので、あっさりしたものを食べたい。
ということで、簡単昼食にしました。

○ ごはん
○ やまかけそば
    ゆでた和蕎麦にたっぷりのやまかけと青海苔、
    わさびとねぎをかけて食べました。
それと、夏の食卓に添えると嬉しいぬか漬け♪
昨日、ミョウガとなすび、生姜、きゅうりを投入したので、エエ加減です。

が、いかんせん、myぬか床はあっさりしすぎています。
パパ実家のぬか漬けは、とても漬かって美味しいのになぁ。

夫:「やっぱ、毒々しくなくちゃ美味しくないんやって」←私が言ったんじゃないよ(笑
私:「そうよねぇ。」 ←同意してるし。

パパ実家のぬか床は、おそろしく匂いがキツイ。
本来はぬか床は、あまり匂わないのが良いものらしいけど。
しかし、パパ実家のぬか漬けは、とても美味しいのだ。

うちのぬか床は清らかすぎるのかしら。←しゃあしゃあと?
私的には、このまま清らかなぬか床でも充分美味しく頂けるのだけど、
夫は物足りなさそう。

釘をいれたり、色々試してみてるんだけどなぁ。

美味しいぬか漬けへの飽くなき挑戦は続く・・・・
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-26 13:37

紅茶にハマってます。

食卓にはなかなか牛があがらない、という清貧な食卓ですけれど。
我が家のプチ贅沢といたしましては、
「お茶の葉だけは、いいものを買おう」
この意見だけは夫と一致しております。
注意:一致していない点→牛肉もたまには食いたいbyパパ

安いお茶の葉は、(たまに当たりもあるけれど)やっぱり頂けません。
4.5杯のインスタントなお茶より、一杯の贅沢なお茶☆
そんなことで、コーヒー豆や日本茶、中国茶、紅茶もなるべくイイ葉を買うようにしています。
丁寧にいれるようにもしていますしね~♪

中でも、この残暑に私がハマっているのは紅茶です。
昨秋から狂ったようにコーヒーにハマっていましたが、
ここにきて、紅茶を美味しく感じるようになりました。

紅茶は元々大好きで、葉のお取り寄せも頻繁にしていますが。
お気に入りはプリンス・オヴ・ウェールズという葉です。
独身時代から大好きな味で、常備していたんだけど、
「そういえば最近紅茶の葉を使っていないな。湿気ちゃったかな?」
と、ふと、飲みだしてからは・・・・・・・・・止まりません。
よく飲むので、利尿効果もたっぷりなせいか、よくトイレにも行きます(笑)。

ずーーーーーっとストレートのホットが大好きだったのが。
この残暑は何故か、牛乳たっぷりのミルクティーが美味しく感じます。
ミルクパンで牛乳をあっためて。
紅茶のポットからいい香りがしてきたところで、カップに注ぐ瞬間!
たまらんわ~。

パパ曰く、
「お前は飲み物ひとつでもこだわりすぎるから、ひと仕事増えるんや」
確かにそうかも。否めません。
が、パパもその恩恵を受けてるでしょ?と私もニヤリ。

そうだ。
手芸用の綿がたくさんあるし。
以前、紅茶専門店で飲んだときにカップをあっためるカバーみたいなものがあったっけ。
作ってみようかな☆
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-24 11:05

本 「イエスの生涯」遠藤周作/新潮文庫

オススメ度 ★★★★☆

[書籍情報はコチラから]

ある程度、年を取ってから(笑)・・・というより、
私は子供を産んでから読んだ方が印象に残る本ではありました。
これも是非読んでいただきたいので、内容についてはあまり触れないことにします☆

私が遠藤周作の本を読むキッカケは義母のすすめでした。
義母は無類の本好きです。
しかも独身時代は○阪大学医学部教授秘書をなさっていたという才媛です☆
文化のことには個人的意見もたくさん持っていて、義母とは、日常の生々しい話題よりも、
むしろ、本の話や感想について話すほうが楽しいです。
夫実家も別にキリスト教ではないのですが、幼少時代はちょこちょこ教会にいったり、
パパ自身も知らずに宗教への関わりは持っていたようです。

反面、私は、実家も生粋の仏教徒だし、学校も宗教色のないところを卒業したし。
はじめてキリスト教に触れたのは、結婚式でした(笑)。
といっても、結婚式場の教会なので触れた・・と言えるものではないですが、
結婚という感動の中で、はじめて聴いた賛美歌。
そして、頂いた一冊の聖書。
この聖書が、遠藤周作のこの本にたどり着いたのです。
不思議な因縁よね。

すごく長い前フリですが、そんなわけで、結婚後しばらくは
「新約聖書」を読んでは溜息をついていました。感じやすいお年頃だったし(笑)。
ご近所の教会にも何度か足を運びました。やはり、心洗われる場所でした。
そんな私の様子を見ていた義母が
「興味があるなら、遠藤周作やそうやねぇ、
  ひろぽんなら・・曾根綾子さんも読んでみたら?」
と勧められました。

そんな訳で出逢った本です。
そうですね、神様やそういう存在を考えるときに感じる・・・
「結局は無なんだ」
「だけど、本当に美しい世界に生まれてきてよかった」
そんな気持ちを持ち続けたまま、読めました。

聖書は、ただ聖書として読むだけでは魅力はないかもしれません。
色んな背景や、宗教観、歴史的背景、色んな事を体験して得た思い。
そんなものがクロスしたときに、本当に心にぴったりはまる気がします。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-22 10:36 | 読んだ本です。

本 「とっても不幸な幸運」畠中恵 /双葉社

オススメ度 ★★☆☆☆

不思議な缶が売られている。しかも100均ショップで(笑)。
その名は本のタイトル通り 「とっても不幸な幸運」 という缶。
この缶を開けると、不思議な現象がおきて、
避けていた現実と向き合わせられたり・・とにかく色々と出来事が回り始めるのだ。
「酒場」の常連客・従業員はこの缶に振り回されていく・・・。

この本では、短編ストーリーが6話あるんだけど、うーん、なんていうんだろう、
読んだ感想としては 「ムラが多い」 「ストーリーによって当たり外れが大きい」
つまり、少し雑な感じがして仕方がないのだ。
登場人物は変わらず、読み進めていくうちに人物の人となりが分かって
ああ、面白くなってくるのかな・・・・・と思うと期待はずれだったり。
はぐらかされている感じがしなくもない。

だけど、最初は色のない登場人物が読み進めていくうちに呼吸をはじめる感じ、
もっと1話1話が深くとりあげてあったら、更に面白くなった一冊だと思う。

[書籍情報はコチラ]
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-21 22:14 | 読んだ本です。

「アリガトウ、サヨウナラ」 福音館の絵本

福音館こどものとも年少版・7月号は 「アリガトウ、サヨウナラ」 でした。
カタカナがポイントなのよね、私的には♪
「ありがとう、さようなら」と日本語で麗しく言うんじゃなくって、
それこそタイトル通り ”カタカナ読み” がナイスなのです。

なる君は三歳なのですが、既出のとおり、言葉が遅い子。
そんななる君が読むと、 まさしく 「アリガトー!サヨナラッ!」 なの。
可愛くてたまりません。

絵柄は見た途端、笑いを誘いそうな、気の抜けた感じ。←失礼っ!
ストーリーも単調だけど、見ていてほのぼの。
ふと、有名な絵本「がたん、ごとん」を連想しちゃった私です。似てない?
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-18 22:13 | 絵本大好き☆

本 「墜落遺体」 飯塚訓 /講談社

オススメ度 ・・・では表現できません。
だけど、本の内容は記憶から抜けないだろうと思う。

[書籍情報はコチラから]

今年は日航機ジャンボ123便墜落から20年。
もうそんなになるんだ・・・、と当事者ではない私にすら、色んな思いが馳せる。
あの頃、私は10代だった。
とんでもないニュースがテレビで映し出され、家族皆で画面に食い入った。
こんなことが、あるんだ・・・。

このことは今まで他の誰にも言ったことがないんだけど。
私は、その夜、日航機に乗っている夢を見た。
墜落していく飛行機の中でパニックになっていた。
母の驚いた声で目が覚めた。
その時、私はオネショをしたのである。
それくらい、おそらく衝撃的なニュースだったのだろう。

今、この本でその悲劇を読み返すと。
子供の時に感じた恐怖以外の感情も、溢れてくる。
とても、辛い。

ご遺族の方にとって、こうして日航機の話題について触れられることって・・
どうなんだろう?私には、想像もつかない。
だけど、この本を読んで、大事なひとをあの瞬間になくしてしまった人たちの悲しみ、
それが伝わってくる。

もう、こんな悲しいのは嫌だ~・・・・
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-18 22:04 | 読んだ本です。

本 「木曜組曲」恩田陸 /徳間書店

”木曜日が好き。大人の時間が流れているから。・・・・(中略)それまでに起きたことも、これから起きることも、全てを知っているような気がするから好き”
殺された(?)時子が歌うように呟いていたそうな。
ふと、気が付くと、今日は木曜日。
おお、時子の呪縛がここにも!?
なんとなく、にんまりしてしまった。

オススメ度 ★★★★★  読後感も良し。好きな感じだ♪

作家・時子が自殺したあとも、毎年木曜日に集まる血縁者の作家女性達。
時子は自殺? 誰かが殺したのでは?
意外な結末、というのはミステリの定番だけど、意外すぎてびっくり。
登場人物すべてがええ人で良かった。
恩田陸、ミステリ作家だけど、良い人かも←どういう言い方?

これも是非、読んでいただきたいのでこの本文ではネタバレしませんっ。

[書籍情報はコチラから]
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-18 16:48 | 読んだ本です。

カレーライス。

キーマカレーなんかは別にして。
うちで作る「普通のカレー☆」は市販品のカレールーを使用しています。

プチこだわりとしては
○ カレールーはメーカーを分けて三種類以上混ぜて使う
○ お肉はすじ肉が多い←よく煮込むこと
○ 煮込む際、トマトのざく切りかホールトマト(缶詰)を使用
○ 下味にしょうが・ニンニクをたっぷり使う
○ カレーパウダーを少し入れると味がひきたつ
   ↑投入前にパウダーをフライパンで煎ると味と香りが引き立つよ☆
・・・・こんなもんでしょうか。

だけど、ブラザーズはマジレンジャーカレーのほうが好きみたい。がっかり。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-18 08:23

本 「オーバー・タイム」 北川悦吏子 /角川

オススメ度 ★☆☆☆☆ 辛目?私の好みでは無かっただけです

[書籍情報はコチラから]

図書館で、何の気なしに借りた一冊。
作者は作家といってもシナリオライターで、この小説もドラマノベルズだったみたい。
江角マキコ・反町隆史主演のドラマらしいけど・・私は見たこと無いなぁ。
というか、私はほとんどドラマの類は見ない。
恋愛映画は好きなんだけど、どうしてもテレビドラマの 「華やかやけどシラッとしている恋愛」 には興味が持てないのよね。
※私自身が地味で濃い恋愛をしているから?(笑)

元々、 「私が・・」 「私は・・」 という一人称の小説もあまり好みではないので、この本もイマイチだった。残念っ。好きな人はすごく好きなんだろうなぁ。
だけど、コーヒー片手に活字を追う、程度に読み流すには、最適な一冊。(あ、キツイ?)
あんまり考えないでいいし。
感情移入なんてあまり出来ないし。

男女で関係が入り乱れて、その後、皆仲良し☆ という構成も鳥肌もの。
ありえへんやん、そんなん。
修羅場をくぐり抜けてきた私には、そう断言できる。(って、どんな修羅場やねん)

主人公が女三人で共同生活、というのも私にはあまり理解できない。
女友達三人で生活・・・かぁ、
男三人で生活より難しいんじゃないの? 

こんな感じで、かなり点が辛くなっちゃった。
だけど、先に述べたとおり、ハマる人は大好きな一冊なのかな、とも思う。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2005-08-18 08:18 | 読んだ本です。