<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「樹上のゆりかご」 荻原規子/理論社

オススメ度 ★★★★☆

書籍情報はコチラ

読んでいると、とある友人の顔が頭に浮かんだ。・・・・・・・・・・何故?
友人のおすすめ書評を見て読んだ一冊だけど。
顔が浮かぶのは、文調というか、モノの見方がその友人と似通っている気がしたから。
そりゃ、あなた、この作家さんが好きになるはずですよ。
ねえねえ、主人公ってタイプ的に恩田陸シリーズの理瀬に似てない???


淡々としているのは主人公なのか、作者なのか。
だけど、出てくる登場人物にも、出来事、モノにも作者の愛情を感じられ、
丁寧に作られた作品で、読後感も爽やか☆
すっかりよごれちまった私にも、こんな時代が確か有ったはず・・、
いやなかったか・・と思ったりして。

Moreネタバレしつつ・・・・・
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-24 16:22 | 読んだ本です。

本 「風が吹いたら桶屋がもうかる」井上夢人/集英社

オススメ度 ★★★☆☆

書籍情報はコチラ

さくさくっと読める一冊。
軽快なタッチが、私好み。伊坂さんを連想させない?

主人公は超能力を持つ友人ヨーノスケと、ちょっと変人のイッカクと
三人で暮らしている。
で、色んな事件(もどき)を解決して欲しいと、ヨーノスケの噂を聞いた
女性達が次々と相談に訪れてくる。
その事件を、超能力を持つヨーノスケはもちろんのこと、
理論的な考えでイッカクが名(迷?)推理を繰り広げるのである。

Moreネタバレしつつ。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-21 16:25 | 読んだ本です。

本 「感染夢」明野照葉/実業之日本社

オススメ度 ★★★☆☆

   [書籍情報はコチラ

ホラー小説。
面白くてすんなり読めた。
ミステリと違い、ホラーは謎解きは簡単というかシンプルなんだけど、
余韻がなんとも・・・・怖い~。
夜は見ないほうがええかも。

意外に思われるかもしれないけど、私は少し恐がりである。
「おばけよりも実際の人間の方が怖い」とよく言われるけど、
私ゃ、おばけのほうが怖いよ。
この本を読んだせいで今日は髪の毛をよう洗わんかった。
※ホラー読んだ後って、お風呂がこわくない?

More以下、少しネタバレしつつ感想など。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-21 01:15 | 読んだ本です。

本 「ヤンキー先生の教育改革」義家弘介

オススメ度 ★☆☆☆☆

書籍情報はコチラ

著者の義家さんというのは有名人でいらっしゃるの?
疎い私は全く分からずに図書館で借りたのですが。

色々と苦労なさって、教育を頑張っていらっしゃるんだろうなぁと
思うものの、読み物としてはいまいち・・という感があった。
対談とか、そういう形式のほうが良かったのでは?
文章がこなれていない感じがして、まあ、ものすごく甘く言えば
それがいいんやろうけど、私的には少し薄く感じてしまった・・・。
内容も、あまり入り込めなかったし。
「有名人が出した本」という印象が拭えない一冊。
当人を知っていたら、他の考えも分かっていたら・・・
面白かったのかも。

熱意があるかたのようなので、今後のご活躍を期待しております。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-20 19:44 | 読んだ本です。

本 「MIST」池井戸潤 /双葉社

オススメ度 ★★☆☆☆

書籍情報はコチラ

ミステリ小説。
主人公は地方の交番勤務。
田舎のこの町で、猟奇殺人事件が発生する。
犯人は誰か?!

More(ネタバレしつつ、話します)
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-20 19:37 | 読んだ本です。

本 「箱庭センチメンタル」小林キユウ /リトル・モア

オススメ度 ★★☆☆☆

書籍情報はコチラ

写真家である著者が、日本を騒がせた様々な事件の背景に
迫っていく・・・というコンセプトでかかれたもの。
新聞やニュース、ワイドショーでは分からない、事件の現場の
「風景」という側面を見ながら事件を語るという視点は
とてもいいなぁと思った。

ただ、理詰めのほうが納得できるややこしい性格の私は(笑)、
少し感覚に頼りすぎる感のあるこの本は受け付けなかった。
著者って1968年産まれ。私と数歳違いなんだ。
最近、本を読むと著者と同年代!ということに気が付き、ドキッ
することがある。
感性・・・・なくしかけてはいないかな~(汗。

庭は住む人を反映する」らしいけど・・・・
うちの庭も成熟しているだろうか。
今一つ統一感がないのは、やはりオーナーを反映しているのかな。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-20 19:28 | 読んだ本です。

小説「金融探偵」池井戸潤 /徳間書店

オススメ度 ★★☆☆☆
ちょっと辛目か?
他の方の書評では、結構評価が高いんやけど・・・
私とは相性がいまいちなのかも。

書籍情報はコチラ

銀行を退職した主人公が、とあることをきっかけに
融資担当であった職のノウハウを使い、事件を解決していくというもの。
乱暴にようやくすると、お金の流れで事件を解決していく・・という探偵ものだ。

More(私的感想をいうと・・・)
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-20 19:20 | 読んだ本です。

「わたしのワンピース」 にしまき かやこ/こぐま社

ブラザーズハマリ度 ★★★☆☆

書籍情報はコチラ]

mamaにとっては、の絵本。
何が謎かというと・・・・
保育所時代から、絵本の貸し出しの際、にーちゃんは
しょっちゅうこの絵本を借りてきていた。
で、幼稚園にすすみ。第一回目の絵本貸出日の先週。
また、借りてきたのである・・・。

「余程好きなのね」
と言いたいところだけど。
読み聞かせの時の反応はいまいち。
だけど、「どれ読んで欲しい?」と選ばせると、持ってくる。
で、反応は微妙(苦笑。

どないやねん☆
とツッコミたいところだけど、彼なりに、なんかあるんだろう・・・。

mama的には、ワンピースが星柄になっている、というのが
素敵だなぁと思う。
もしかして、mamaが嬉しそうに眺めているので
借りてきてくれている・・・・・・・とか?←それはないか。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-18 12:37 | 絵本大好き☆

本 「もつれっぱなし」井上夢人/文芸春秋

オススメ度 ★★★☆☆
特別「おもしろいっ」てことはない短編集だけど、
まったりしていてそれなりに楽しめる。
よくよく考えると、すごい作品なのかも・・とも
思える一冊。

書籍情報はコチラ

マニアな友人(←だからこの紹介は・・・笑)と井上夢人の話をするうちに
とても読みたくなって。
「プラスティック」に続き、読んでみました。
こちらの本のカテゴリーは何になるんだろ。
ミステリ?・・・違うよね。
例えば、星新一の短編集とか、カテゴリはなんになるの?
まあ、そんなテイストの一冊です。
変な言い方をすると、「ピリッとはしない短編集」(笑)ってことで。
でも、まったり加減が面白かった。

Moreここからは少しネタバレ有り。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-18 12:21 | 読んだ本です。

本 「プラスティック」井上夢人

オススメ度 ★★★★☆
夢中で読めます♪

マニアな友人(←この紹介はもういい?笑)のブログに
久しぶりに井上夢人の名前を見て、急に読みたくなった一冊。
なんとふらりと立ち寄った公民館にあり、早速借りました。

書籍情報はコチラ

実は、むか~し読んだことのある一冊。
おぼろげにストーリーはおぼえていたんやけど、
いざ読み始めると吸い込まれて一気に読破。
細かい設定や、なんとラストまで忘れていたので
二度楽しめました(笑。

主人公がワープロで日記をつけはじめるところから
ストーリーが展開して、
「・・・・ん?どういうこと?」
と疑問を持ち始めたら、気が付いたら話にのっちゃってる、
という感じ。
マニアな友人は「うまい」と言ってたけど、うん、そうだね、
ストーリー構成は私の好みではあるかも。

Moreややネタバレ有り。
[PR]

by hiroponnaruaimam | 2006-05-15 22:25 | 読んだ本です。